【古代文字】思念を持つ古代文字で「生かす」と書いてみた。

 

こんにちは!
いつもご覧頂き感謝いたします。

筆文字は奥深いですね。
だからこそ、色んな筆文字や筆に関連するアートを観て
味のある文字、可愛い筆文字、デザイン書道を
一緒に学びましょう☆彡

興味深い作品や技法を今日もご紹介します☆彡

 

古代文字は練習を積まなくても書くことができます。筆文字は皆同じには書くことができません。同じ硯、同じ墨、同じ紙を使っても、皆異なります。なぜなら、墨の濃さも違えば、墨量、筆圧、運筆の緩急、全てが人によって違うからです。そして何よりも書く人の内面が違うということがあります。書の表現には書き手の「思念」が表れるのです。
古代文字には一文字一文字に思念があります。
そんな古代文字に親しんでみませんか?

いかがでしたか?

今日もあなたに素敵な作品や技法のギフトを
お届けできましたら幸いです。

私もまだまだ精進の途上にあります。

私にとっても参考になりました☆彡

ただいま、私の作品を公開している
LINE@を開設しました。
ご覧頂けると嬉しいです!

⇒こちらのURLからもご登録いただけます☆彡
https://line.me/R/ti/p/%40hxk0404e

⇒@hxk0404e
LINE友達検索ではこちらのIDとなります♬

 

押して頂けると嬉しいです(´▽`).•*¨*•.¸¸♬
いつも応援して頂き感謝です!
 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする