筆走龍蛇 舞動屋漏痕 ─ 雲門舞集行草三部曲視覺創作過程│臺北藝術中心籌備處王孟超主任

 

こんにちは!
いつもご覧頂き感謝いたします。

筆文字は奥深いですね。
だからこそ、色んな筆文字や筆に関連するアートを観て
味のある文字、可愛い筆文字、デザイン書道を
一緒に学びましょう☆彡

興味深い作品や技法を今日もご紹介します☆彡

 

行草書在書法領域中常有「墨舞」、「紙上雲煙」等說法。創作者在書寫時內在的律動和節奏都無法逃過行草行家的眼睛。雲門舞集以書法與舞蹈之間的共通性,搭配舞臺上董陽孜老師的書法作品,將提按濃淡的書法文字表現於舞者的肢體上,但卻超脫文字的記事抒情功能,讓觀者跳脫文字來欣賞文字及書法之美。這樣玄而又玄的跨界與動感是如何運作且達到平衡,且聽王老師細細講來。

主講人:王孟超 主任 (臺北藝術中心籌備處)
拍攝日期:2015/10/19

いかがでしたか?

今日もあなたに素敵な作品や技法のギフトを
お届けできましたら幸いです。

私もまだまだ精進の途上にあります。

私にとっても参考になりました☆彡

ただいま、私の作品を公開している
LINE@を開設しました。
ご覧頂けると嬉しいです!

⇒こちらのURLからもご登録いただけます☆彡
https://line.me/R/ti/p/%40hxk0404e

⇒@hxk0404e
LINE友達検索ではこちらのIDとなります♬

 

押して頂けると嬉しいです(´▽`).•*¨*•.¸¸♬
いつも応援して頂き感謝です!
 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする