篠原貴之 水墨画塾 Vol.23 面白い筆さばきで描くコツ

 

こんにちは!
いつもご覧頂き感謝いたします。

筆文字は奥深いですね。
だからこそ、色んな筆文字や筆に関連するアートを観て
味のある文字、可愛い筆文字、デザイン書道を
一緒に学びましょう☆彡

興味深い作品や技法を今日もご紹介します☆彡

 

水墨画家 篠原貴之のネット水墨画塾 第23回目は伊根の舟屋を題材にした「面白い筆さばきで描くコツ」をお送りします。
今回は舟屋を1軒だけピックアップして描き、筆使いと、窓や冊等、細部の描き方を見ていただきます。
まず手順を頭の中で整理し、庇や窓、冊等、様々な要素が有りますが、始めは家の正面にある壁から始めます。その後窓や冊などの細部を描き進めます。
面白い筆さばきで描くには、細部を単純化することが大切です。対象をシンプルに扱い、筆使いの面白さを味わいながら描いてみてください。

製作 株式会社ウィンドミル http://wind-mill.co.jp/

いかがでしたか?

今日もあなたに素敵な作品や技法のギフトを
お届けできましたら幸いです。

私もまだまだ精進の途上にあります。

私にとっても参考になりました☆彡

ただいま、私の作品を公開している
LINE@を開設しました。
ご覧頂けると嬉しいです!

⇒こちらのURLからもご登録いただけます☆彡
https://line.me/R/ti/p/%40hxk0404e

⇒@hxk0404e
LINE友達検索ではこちらのIDとなります♬

 

押して頂けると嬉しいです(´▽`).•*¨*•.¸¸♬
いつも応援して頂き感謝です!
 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする