ペンタブレットの筆圧設定~Artrageによるパソコン水彩入門シリーズ

 

こんにちは!
いつもご覧頂き感謝いたします。

筆文字は奥深いですね。
だからこそ、色んな筆文字や筆に関連するアートを観て
味のある文字、可愛い筆文字、デザイン書道を
一緒に学びましょう☆彡

興味深い作品や技法を今日もご紹介します☆彡

 

Artrageでパソコン水彩画入門シリーズ第1回目です。今日はワコムのペンタブレットIntuos Draw(CTL-490)の筆圧設定をご紹介。

最初に筆圧を設定する目的は2つ。ひとつはこの動画シリーズで、私とみなさんの筆圧をなるべく揃えておきたいから。

もうひとつは、適正筆圧に設定して描きやすくするためです。

筆圧が強すぎ、あるいは弱すぎると、絵が描きにくくなります。鉛筆のサイズを小さくしても線が太すぎてしまう、水彩で塗っても塗っても色が濃くならないなど。筆圧ひとつでも、絵の描きやすさはずいぶん変わってくるんです。

そこで絵を描き始める前に、中程度の筆圧になるよう調節しておきます。設定はArtrageの側ではなく、ペンタブのドライバーから行います。

★Artrageをお持ちでない方は、無料の体験版があります★

私の方で簡単な導入手順書を作成しました。簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね
http://tiisanaoekaki.net/artrage/japaneseguide/

いかがでしたか?

今日もあなたに素敵な作品や技法のギフトを
お届けできましたら幸いです。

私もまだまだ精進の途上にあります。

私にとっても参考になりました☆彡

ただいま、私の作品を公開している
LINE@を開設しました。
ご覧頂けると嬉しいです!

⇒こちらのURLからもご登録いただけます☆彡
https://line.me/R/ti/p/%40hxk0404e

⇒@hxk0404e
LINE友達検索ではこちらのIDとなります♬

 

押して頂けると嬉しいです(´▽`).•*¨*•.¸¸♬
いつも応援して頂き感謝です!
 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする